AFPとは?

 AFPとは、アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー(Affliated Financial Planner)の頭文字をとった略語で、FP協会が実施・認定しているファイナンシャル・プランニングに関する民間資格です。

 また、以下の3つの条件を満たし、FP協会に「ファイナンシャル・プランニングに関する知識を有し、継続的に最新の知識とスキルを学んでいる」と認定された者をAFP認定者といいます。

  1. FP2級に合格していること
  2. AFP認定研修を修了していること
  3. FP協会の会員であること

 本ページでは、2つめの条件の「AFP認定研修」の詳細をご紹介いたします。




AFP認定研修の基本情報

 上述のとおり、AFP認定者になるためにはAFP認定研修を受講・修了する必要がありますが、AFP認定研修にはいくつか種類があります。

  • 基本課程:FP3級に合格していない人が対象
  • 技能士課程:FP2級・FP1級に合格している人が対象
  • 3級課程:FP3級の講座を受講・修了した人が対象
  • 税理士課程:税理士協会または公認会計士協会に登録している人が対象

 基本課程・3級課程にはFP3級やFP2級の試験対策講座が含まれているため、修了までの期間が長く、受講料も技能士課程より高額です。

 よって、多くの受験生はFP3級・FP2級を独学で突破し、FP2級の合格後にAFP認定研修の技能士課程を受講します。

 管理人も「FP3級独学合格(2015年1月)→FP2級独学合格(2015年5月)→AFP認定研修(2015年7月)」という順番で学習を進めました。

AFP認定研修の技能士課程
受講形式 主に通信講座
(WEBやDVDなど)
受講料 10,000円~30,000円
(※教育機関により異なる)
修了要件 提案書の提出

 技能士課程の受講形式は通信講座がほとんどです。申込後、講義用のDVDやテキストなどが送られてきますので受講し、最後に提案書を作成・提出して修了となります。

 技能士課程の受講料は教育機関やコースによって異なりますが、おおむね10,000円~30,000円ぐらいです。ちなみに、管理人はTACの「AFP認定研修講座(通信)」を受講しましたが、受講料は22,600円でした。

TACのFP講座の会員証
TACのFP講座の会員証

 AFP認定研修の修了要件は、提案書を作成・提出することです。いちおう100点満点中60点以上得点することが修了の要件となっており、60点に満たない場合は不足分の追加や再提出を求められます。

 提案書なんか作ったことがないから不安…という方も多いと思いますが、FP協会に提案書作成用のツールが用意されていますし、よっぽどひどい内容でなければ1回の提出で修了できますので、過度に心配する必要はありません。

 なお、無事に修了すると「AFP認定研修修了証明書」が発行されます。

AFP認定研修修了証明書
AFP認定研修修了証明書

AFP認定者数

 AFP認定者数の推移は以下のとおりです。2012年から2016年ぐらいまでは増えたり減ったりで足踏み状態が続いていましたが、2017年以降は再び増加ペースが上がっています。

AFP認定者数の推移
集計日 認定者数 前年比
2018年5月1日 160,297人 +1,871人
2018年1月1日 158,426人 +3,711人
2017年1月1日 154,715人 +296人
2016年1月1日 154,419人 +125人
2015年1月1日 154,294人 ▲1,002人
2014年1月1日 155,296人 +424人
2013年1月1日 154,872人 +784人
2012年1月1日 154,088人 +4,741人
2011年1月1日 149,347人 +6,612人
2010年1月1日 142,735人 +5,505人
2009年1月1日 137,230人 +6,530人
2008年1月1日 130,700人 +6,407人
2007年1月1日 124,293人 +3,701人
2006年1月1日 120,592人 +364人
2005年1月1日 120,228人 ▲4,365人
2004年1月1日 124,593人 +2,800人
2003年1月1日 121,793人 +14,410人
2002年1月1日 107,383人 +22,809人
2001年1月1日 84,574人 +17,585人
2000年1月1日 66,989人 +33,493人
1999年1月1日 33,496人 +15,188人
1998年1月1日 18,308人