借地借家法の条文一覧

第1章 総則(第1条・第2条)

  • 第1条(趣旨)
  • 第2条(定義)

第2章 借地

第一節 借地権の存続期間等(第3条~第9条)

第二節 借地権の効力(第10条~第16条)

  • 第10条(借地権の対抗力)
  • 第11条(地代等増減請求権)
  • 第12条(借地権設定者の先取特権)
  • 第13条(建物買取請求権)
  • 第14条(第三者の建物買取請求権)
  • 第15条(自己借地権)
  • 第16条(強行規定)

第三節 借地条件の変更等(第17条~第21条)

  • 第17条(借地条件の変更及び増改築の許可)
  • 第18条(借地契約の更新後の建物の再築の許可)
  • 第19条(土地の賃借権の譲渡又は転貸の許可)
  • 第20条(建物競売等の場合における土地の賃借権の譲渡の許可)
  • 第21条(強行規定)

第四節 定期借地権等(第22条~第25条)

第3章 借家

第一節 建物賃貸借契約の更新等(第26条~第30条)

第二節 建物賃貸借の効力(第31条~第37条)

  • 第31条(建物賃貸借の対抗力)
  • 第32条(借賃増減請求権)
  • 第33条(造作買取請求権)
  • 第34条(建物賃貸借終了の場合における転借人の保護)
  • 第35条(借地上の建物の賃借人の保護)
  • 第36条(居住用建物の賃貸借の承継)
  • 第37条(強行規定)

第三節 定期建物賃貸借等(第38条~第40条)

第4章 借地条件の変更等の裁判手続(第41条~第60条)

  • 第41条(管轄裁判所)
  • 第42条(非訟事件手続法の適用除外及び最高裁判所規則)
  • 第43条(強制参加)
  • 第44条(手続代理人の資格)
  • 第45条(手続代理人の代理権の範囲)
  • 第46条(事件の記録の閲覧等)
  • 第47条(鑑定委員会)
  • 第48条(手続の中止)
  • 第49条(不適法な申立ての却下)
  • 第50条(申立書の送達)
  • 第51条(審問期日)
  • 第52条(呼出費用の予納がない場合の申立ての却下)
  • 第53条(事実の調査の通知)
  • 第54条(審理の終結)
  • 第55条(裁判書の送達及び効力の発生)
  • 第56条(理由の付記)
  • 第57条(裁判の効力が及ぶ者の範囲)
  • 第58条(給付を命ずる裁判の効力)
  • 第59条(譲渡又は転貸の許可の裁判の失効)
  • 第60条(第一審の手続の規定の準用)

ページの先頭へ