CFPとは?

 CFPとは、サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー(Certified Financial Planner)の頭文字をとった略語で、FP協会が実施・認定しているファイナンシャル・プランニングに関する国際的な民間資格です。

 また、以下の4つの条件を満たし、FP協会に「世界基準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる能力がある」と認定された者をCFP認定者といいます。

  1. CFP試験の6科目に合格していること
  2. エントリー研修を受講・修了していること
  3. 通算で3年以上の実務経験を有していること
  4. 必要書類を提出し、約定書に署名すること

 本ページでは、1つめの条件の「CFP試験」の詳細をご紹介いたします。




CFP試験の基本情報

試験日
(法令基準日)
6月・11月の年2回
(6月はその年の1月1日、11月はその年の4月1日)
試験時間
(各2時間)
1日目(1週目の日曜日)
9:30~11:30
12:30~14:30
15:30~17:30
金融資産運用設計
不動産運用設計
ライフプランニング・リタイアメントプランニング
2日目(2週目の日曜日)
9:30~11:30
12:30~14:30
15:30~17:30
リスクと保険
タックスプランニング
相続・事業承継設計
受験手数料
(税込)
1科目:5,400円
2科目:9,720円
3科目:14,040円
4科目:18,360円
5科目:22,680円
6科目:27,000円
受験資格 AFP認定者
FP協会が認定する大学院で所定の課程の単位を取得した者

 CFP試験は「NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下、FP協会)」により、年に2回実施されます。

 試験は1週目の日曜日に3科目(金融・不動産・ライフ)、2週目の日曜日に3科目(リスク・タックス・相続)が行われます。

 一度に複数の科目を受験することができ、また、科目合格制が採用されていますので、「6科目×1回」「3科目×2回」「2科目×3回」「1科目×6回」など、勉強できる環境にあわせて科目数・受験回数を自由に決めることができます。

 受験料は受験する科目数で決まりますが、科目数が多くなるごとに割引率が高くなるという特徴があります(例:2科目→10%割引、4科目→15%割引)。

 なお、FP3級・2級・1級は国家試験なので受験料は非課税ですが、CFP試験は民間の資格試験なので受験料には消費税がかかります。

 受験資格は「AFP認定者」または「FP協会が認定する大学院で所定の課程の単位を取得した者」と定められていますが、多くの受験生は前者の「AFP認定者」の条件を満たすことにより、受験資格を得ています。

CFP 試験日情報

試験回 試験日 申込期間 合格発表日
2
0
1
8

第1回 2018年6月10日 郵送:2018年4月5日~4月18日
ネット:2018年4月5日~5月7日
2018年7月18日
2018年6月17日
第2回 2018年11月11日 郵送:2018年4月5日~9月19日
ネット:2018年9月5日~10月4日
2018年12月19日
2018年11月18日

筆記試験の概要

筆記試験(6科目共通)
出題形式 【マークシート形式】
四肢択一問題:50問
合格点 試験回によって異なる
平均合格率 30%~40%

 マークシート形式の四肢択一問題が50問出題されます。計算問題は複雑でややこしいものが多く、ひっかけの肢もたくさん用意されていますので、計算が苦手な方はきついと思います。

 配点は1問2点で、問題の難度に関係なく均一配点となっているため、自分の得意な問題・簡単な問題から優先的に解いていく必要があります。

 なお、合格点は各科目の上位30%~40%になるように調整されるため試験回によって異なりますが、だいたい30問前後(60点前後)になることが多いです。

 各科目の平均合格率は30%~40%と意外と高い数字になっています。一方、6科目同時受験者の6科目合格率は5%~10%とかなり低い数字になっています。

合格の判定

 上述のとおり、CFP試験は科目合格制になっています。

 6科目全てに合格すると「CFP資格審査試験の合格者」となり、その後、エントリー研修の修了および実務経験3年の要件を満たすとCFPの資格が認定され、晴れて「CFP認定者」となります。

 なお、「CFP資格審査試験の合格者」および「CFP認定者」は、FP1級の学科試験が免除になりますので、あとはFP1級の実技試験(合格率80%~95%)をクリアするだけでFP技能士1級に認定されます。

CFP認定者数

 CFP認定者数の推移は以下のとおりです。最近は毎年数百人ずつ、安定的に増えていることが分かります。2016年1月1日の時点で、認定者数が20,000人を突破しました。

 なお、CFP認定者とは「CFP試験(6科目)に合格」「エントリー研修を受講・修了」「3年以上の実務経験」の3つの条件を満たし、試験合格後5年以内にFP協会に登録申請をして受理された者を指します。

 「CFP試験(6科目)に合格したものの、他の条件を満たしていない者」は、以下の表の数に含まれていませんのでご注意ください。

CFP認定者数の推移
集計日 認定者数 前年比
2018年5月1日 21,411人 +247人
2018年1月1日 21,164人 +459人
2017年1月1日 20,705人 +398人
2016年1月1日 20,307人 +514人
2015年1月1日 19,793人 +576人
2014年1月1日 19,217人 +639人
2013年1月1日 18,578人 +723人
2012年1月1日 17,855人 +621人
2011年1月1日 17,234人 +788人
2010年1月1日 16,446人 +620人
2009年1月1日 15,826人 +790人
2008年1月1日 15,036人 +279人
2007年1月1日 14,757人 +1,693人
2006年1月1日 13,064人 +1,438人
2005年1月1日 11,626人 +1,583人
2004年1月1日 10,043人 +2,049人
2003年1月1日 7,994人 +2,131人
2002年1月1日 5,863人 +1,853人
2001年1月1日 4,010人 +1,660人
2000年1月1日 2,350人 +1,059人
1999年1月1日 1,291人 +269人
1998年1月1日 1,022人