分野:金融

四択問題

 上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 運用成果が、東証株価指数(TOPIX)などの株価指標や、金価格などの商品指標などに連動するように、投資信託委託会社によって運用されている。
  2. 非上場の投資信託とは異なり、特定の基準価額等ではなく、取引所での売り手と買い手の需給によって決まる市場価格が取引価格となる。
  3. 非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は徴収されないが、売買の際には上場株式と同様に売買委託手数料がかかる。
  4. レバレッジ型指標に連動するETFは、原指標に連動するETFと比較すると運用成果の変動率が大きくなる。



解答

3

解説

 1.は適切

 2.は適切。上場投資信託(ETF)は上場株式と同様に、取引所での売り手と買い手の需給によって決まる市場価格が取引価格になります。

 3.は不適切。上場投資信託(ETF)も非上場の投資信託と同様に、運用管理費用(信託報酬)が徴収されます。また、売買のさいには上場株式と同様に売買委託手数料がかかります。

 4.は適切。レバレッジ型指標に連動するETFは、原指標に連動するETFに一定の倍数(1.5倍や2倍)を乗じた変動率になるように計算された指数に連動するETFです。

 なお、原指標に連動するETFが10%変動した場合に、20%(2倍)変動するように計算された指数を「レバレッジ型」、逆に▲10%変動するように計算された指数を「インバース型」といいます。