2018年9月試験

FP2級 学科試験 2018年9月 問25(過去問解説)

四択問題

分野:金融

下記<資料>から求められるPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)に基づく、A社株式とB社株式の株価の比較評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、A社とB社の業種および事業内容は同一の分類であるものとする。

資料
  1. PERではA社の方が割安、PBRではB社の方が割安と評価できる。
  2. PERではB社の方が割安、PBRではA社の方が割安と評価できる。
  3. PERおよびPBRのいずれにおいても、A社の方が割安と評価できる。
  4. PERおよびPBRのいずれにおいても、B社の方が割安と評価できる。



解答

2

解説

PERは「株価が1株あたり当期純利益の何倍であるか」を示す指標です。数値が小さければ小さいほど割安と評価されます。

一方、PBRは「株価が1株あたり純資産の何倍であるか」を示す指標です。PERと同様に、数値が小さければ小さいほど割安と評価されます。

  • PER・PBRの計算式
  • PER(株価収益率)=株価÷1株あたり純利益
  • PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり純資産

なお、1株あたり純利益は「当期純利益」を「発行済み株式数」で除して計算し、1株あたり純資産は「自己資本(=)純資産」を「発行済み株式数」で除して計算します。

  • A社の1株あたり純利益・純資産
  • 1株あたり純利益=50億円÷8,000万株=@62.5円
  • 1株あたり純資産=800億円÷8,000万株=@1,000円
  • B社の1株あたり純利益・純資産
  • 1株あたり純利益=100億円÷1億株=@100円
  • 1株あたり純資産=1,000億円÷1億株=@1,000円
  • A社のPER・PBR
  • PER(株価収益率)=1,000円÷@62.5円=16倍
  • PBR(株価純資産倍率)=1,000円÷@1,000円=1倍
  • B社のPER・PBR
  • PER(株価収益率)=1,200円÷@100円=12倍
  • PBR(株価純資産倍率)=1,200円÷@1,000円=1.25倍

上述のとおり、PER・PBRは数値が小さければ小さいほど割安と評価されるため、PERではB社の方が割安、PBRではA社の方が割安と評価できます。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。