分野:リスク

四択問題

 傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 普通傷害保険の保険料は、被保険者の契約時の年齢によって異なる。
  2. 家族傷害保険では、保険期間中に被保険者に子が生まれた場合、その子を被保険者に加えるためには、追加保険料を支払う必要がある。
  3. 交通事故傷害保険では、海外旅行中の交通事故によるケガは補償の対象となる。
  4. 国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震および地震を原因とする津波によるケガは補償の対象となる。



解答

3

解説

 1.は不適切。普通傷害保険は、被保険者の年齢や性別ではなく職業によって保険料が決まります。ケガをする可能性の高い職業の保険料は高く、逆にケガをする可能性の低い職業の保険料は安く設定されています。

 2.は不適切。家族傷害保険とは、被保険者だけでなく配偶者や子供など対象となる家族全員のケガに備えて入る保険です。

 「家族」の範囲は、被保険者・配偶者・生計を一にする同居親族はもちろんのこと、生計を一にする別居の未婚の子(ex.大学進学のために実家を出て一人暮らししている学生など)も含まれます。

 なお、補償の対象かどうかを判定するタイミングは、保険契約時ではなく事故発生時になります。例えば、保険契約時には生まれていなかった子も、事故発生時に「家族」に含まれていれば補償の対象になります。

 よって、家族傷害保険の保険期間中に被保険者に子が生まれた場合、その子を被保険者に加えるために追加保険料を支払う必要はありません。

 3.は適切。交通事故傷害保険は、日本国内・国外において被保険者が交通事故および交通乗用具(※エレベーターやエスカレーターを含む)などに関する事故に備えて入る保険です。

 よって、海外旅行中の交通事故によるケガも交通事故傷害保険の補償の対象になります。

 4.は不適切。国内旅行傷害保険は、交通事故や旅行中の食事を原因とする細菌性食中毒は補償の対象になりますが、病気や旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象になりません。

各保険の補償対象まとめ
普通傷害保険 国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険
交通事故などの不慮の事故(国内) ◯:対象 ◯:対象
交通事故などの不慮の事故(海外) ◯:対象 ◯:対象
細菌性・ウイルス性の食中毒 ×:対象外 ◯:対象 ◯:対象
地震・噴火・津波を原因とする傷害 ×:対象外 ×:対象外 ◯:対象
病気 ×:対象外 ×:対象外 ◯:対象
自殺 ×:対象外 ×:対象外 ×:対象外