分野:ライフ

四択問題

 奨学金および教育ローンに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本学生支援機構の給付奨学金を申し込む者は、一定の基準を満たせば、併せて貸与型の第一種奨学金および第二種奨学金を申し込むこともできる。
  2. 日本学生支援機構の貸与奨学金の返還が困難となった場合、毎月の返還額を減額して返還期間の延長を申請することができる。
  3. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の申込人は、学生等の保護者に限られる。
  4. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の資金使途には、入学金・授業料等の学校納付金や教材費だけではなく、自宅外から通学する学生等の住居費用等も含まれる。

解答

3

解説

 1.は適切。なお、給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合、給付奨学金の支援区分等に応じて第一種奨学金の貸与月額が調整されます。

 2.は適切。貸与奨学金の返還が困難となった場合は、以下の2つの制度の利用を申請することができます。

  • 減額返還:約束どおりの返還は困難だが、減額した金額ならば返還が継続できる場合に申請する制度
  • 返還期限猶予:現在返還が困難であるため、一定期間返還を待ってほしい場合に申請する制度

 3.は不適切。国の教育ローンは、主に親(保護者)が申込人になります。ただし、一定以上の収入があり、独立して生計を営んでいる成人であれば、学生本人が申し込むことも可能です。

 4.は適切。国の教育ローンの資金使途は、入学金・授業料等の学校納付金や教材費だけでなく、定期代やパソコン購入費、アパート・マンションの敷金・家賃などの住居費用にも使うことができます。