分野:不動産

四択問題

 Aさんは、商業用店舗の建設等を通じた所有土地の有効活用について検討している。土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表のうち、各項目に記載された内容が最も適切なものはどれか。

土地の活用手法
  1. 建設協力金方式
  2. 等価交換方式
  3. 定期借地権方式
  4. 事業受託方式

解答

3

解説

 1.のは不適切。建設協力金方式による場合、土地の所有名義だけでなく建物の所有名義もAさんになります。

 2.は不適切。等価交換方式による場合、Aさんは建設資金を用意する必要はありません。建設資金はデベロッパーが準備します。

 3.は適切。定期借地権方式よる場合、Aさんは土地を貸すだけなので建設資金を用意する必要はありません。建設資金は借地権者(借地人)が準備します。

 4.は不適切。事業受託方式による場合、土地の所有名義はAさんのままです。

土地の有効活用の手法
有効活用の手法 土地の所有名義
(有効活用後)
建物の所有名義 事業推進主体 建設資金の
本人負担
事業受託方式 本人 本人 デベロッパー あり
建設協力金方式 本人 本人 本人 なし
等価交換方式 本人、デベロッパー 本人、デベロッパー デベロッパー なし
定期借地権方式 本人 借地権者(借地人) デベロッパー なし