2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問38(過去問解説)

三択問題

分野:リスク

一時払変額個人年金保険は、【 ① 】の運用実績に基づいて保険金額等が変動するが、一般に、【 ② 】については最低保証がある。

  1. ①一般勘定 ・ ②解約返戻金
  2. ①特別勘定 ・ ②解約返戻金
  3. ①特別勘定 ・ ②死亡給付金



解答

3

解説

変額個人年金保険の資産は、一般勘定(運用実績にかかわらず一定の給付が保証されるタイプの保険の資産を管理・運用する勘定)とは別に、特別勘定と呼ばれる別個の勘定で管理・運用されます。

また、変額個人年金保険は運用実績に基づいて保険金解約返戻金が変動するため、通常、これらについては最低保証はありませんが、死亡給付金については最低保証があります。

田口先生1
田口先生
本問は、2020年9月試験の第37問2022年1月試験の第37問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。