2018年9月試験

FP3級 学科試験 2018年9月 問11(過去問解説)

正誤問題

分野:金融

日本銀行の金融市場調節の主な手段の1つである公開市場操作において、日本銀行が国債の買入れを行えば、市中に出回る資金量は増加する。




解答

○(適切)

解説

日本銀行の金融政策の1つである公開市場操作には、「売りオペレーション」と「買いオペレーション」の2つがあります。

  • 売りオペレーション(通称・売りオペ):日本銀行が保有する国債等を金融機関に売却することにより、市中に出回る資金の量を減らす
  • 買いオペレーション(通称・買いオペ):金融機関が保有する国債等を日本銀行が購入することにより、市中に出回る資金の量を増やす

本問は、問題文の「日本銀行が国債の買入れを行えば」から、買いオペレーションであることが分かります。

買いオペレーションが実施されると、金融機関は国債の譲渡対価として日本銀行からお金を受け取ることになるため、結果的に市中に出回る資金量は増加します。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。