分野:不動産

正誤問題

 不動産登記には公信力が認められていないため、登記記録上の権利者が真実の権利者と異なっている場合に登記記録を信頼して取引をしても、原則として法的に保護されない。




解答

○(適切)

解説

 記載された内容に効力が生じることを「公信力」といいます。

 不動産登記には対抗力はありますが公信力がないため、登記記録上の権利者が真実の権利者と異なっている場合に登記記録を信頼して取引をしても、原則として法的に保護されません。