2019年5月試験

FP3級 学科試験 2019年5月 問21(過去問解説)

正誤問題

分野:不動産

不動産取引において、買主が売主に解約手付を交付したときは、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄することで、売主はその手付を返還することで、それぞれ契約を解除することができる。




解答

×(不適切)

解説

いったん締結した不動産取引契約は、相手方が契約の履行に着手するまでの期間に限定して、買主・売主ともに解除することができます(※着手後は解除不可)。

なお、買主が解除する場合は先に支払った手付金を放棄するだけで足りますが、売主が解除する場合は先に受け取った手付金の倍額(2倍)を買主に返す必要があります。

田口先生1
田口先生
本問は、2021年1月試験の第22問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。