分野:リスク

正誤問題

 地震保険では、保険の対象である居住用建物または家財の損害の程度が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」のいずれかに該当した場合に、保険金が支払われる。

解答

○(適切)

解説

 保険始期が2017年1月1日以降となる地震保険契約については、損害区分が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4区分になりました。

  • 2016年12月31日以前:「全損」「半損」「一部損」の3区分
  • 2017年1月1日以降:「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4区分

 地震保険では、保険の対象である居住用建物または家財の損害の程度が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4区分のいずれかに該当した場合に、保険金が支払われます。