分野:タックス

正誤問題

 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用を受けるためには、同一年中の寄附金の額の合計額が5万円以下でなければならない。

解答

×(不適切)

解説

 ふるさと納税は、自分で選んだ自治体に寄附を行う場合に、寄附する額のうち2,000円を越える金額分だけ翌年の所得税・住民税が減額される制度です(※所得に応じた上限あり)。

 確定申告の不要な給与所得者、かつ、同一年中のふるさと納税先の自治体数が5以下の場合に、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用を受けることができます。