分野:リスク

四択問題

 損害保険を活用した家計のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 海外旅行先で病気になり、現地で治療費用が発生した場合に備えて、海外旅行(傷害)保険を契約した。
  2. 自家用自動車の運転中に交通事故で死傷した場合に備えて、自分の過失割合にかかわらず補償が受けられるよう、人身傷害補償保険を付けた自動車保険を契約した。
  3. 自宅である賃貸アパートの風呂場の水をあふれさせて、階下の居住者の家財に損害を与えた場合に備えて、個人賠償責任保険を契約した。
  4. 出産のために就業できずに収入が途絶える場合に備えて、所得補償保険を契約した。



解答

4

解説

 1.は適切。普通傷害保険や国内旅行傷害保険は「病気の治療」は対象外ですが、海外旅行傷害保険は「病気の治療」もカバーします。

各保険の補償対象まとめ
普通傷害保険 国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険
交通事故などの不慮の事故(国内) ◯:対象 ◯:対象
交通事故などの不慮の事故(海外) ◯:対象 ◯:対象
細菌性・ウイルス性の食中毒 ×:対象外 ◯:対象 ◯:対象
地震・噴火・津波を原因とする傷害 ×:対象外 ×:対象外 ◯:対象
病気 ×:対象外 ×:対象外 ◯:対象
自殺 ×:対象外 ×:対象外 ×:対象外

 2.は適切。人身傷害補償保険は、対象者が死傷した場合に自分の過失割合にかかわらず実際の損失額が支払われる保険です。加害者との示談解決を待たずに保険金が支払われるのが大きな特徴です。

 3.は適切。なお、個人賠償責任保険は、1つの契約で家族全員(本人・配偶者・生計を一にする親族・生計を一にする別居の未婚の子など)が補償対象になるのが大きな特徴です。

 4.は不適切。所得補償保険は、ケガや病気により就業不能になった場合に被保険者が喪失する収入を補償する保険です。妊娠や出産に起因する就業不能は、所得補償保険では原則として補償対象外とされています。