2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問29(過去問解説)

四択問題

分野:金融

株式市場において、どのような投資家がどの程度売買しているのかを示す下記 [資料] から読み取ることができる内容に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

資料
  • 2012年、2013年、2014年をみると、個人は( )、海外投資家は( )ており、アベノミクス相場の渦中で、個人と海外投資家が( )投資行動をとっていたことを読み取ることができる。
  • また、2015年をみると、海外投資家が( )ており、海外投資家の売りと買いの合計で全体の約( )を占めていることが分かる。
  1. (ア)売り越し (イ)買い越し (ウ)一致する (エ)7割
  2. (ア)売り越し (イ)買い越し (ウ)相反する (エ)7割
  3. (ア)買い越し (イ)売り越し (ウ)相反する (エ)5割
  4. (ア)買い越し (イ)売り越し (ウ)一致する (エ)5割



解答

2

解説

各投資家の売買データを読み取るだけの簡単な問題です。

2015年は海外投資家が売り越しに転じていますが、ドル建て・円建てのTOPIXがともに上昇した中での売り越しは非常に珍しいケースです。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。