分野:リスク

四択問題

 生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 定期保険特約付終身保険(更新型)では、定期保険特約を同じ保障内容で自動更新した場合、更新後の保険料は変わらない。
  2. 逓減定期保険では、保険期間を通じて、期間の経過に伴い所定の割合で保険金額が逓減していくが、保険料は一定である。
  3. 長期平準定期保険では、保険期間を通じて、保険料および死亡保険金は一定である。
  4. 養老保険では、被保険者が保険期間満了時まで生存している場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。



解答

1

解説

 1.は不適切。定期保険特約付終身保険には「全期型」と「更新型」の2種類がありますが、「更新型」で定期保険特約を同じ保障内容で自動更新した場合、更新後の保険料は上がります

 なお、「全期型」の保険料は、保険料払込期間満了まで変わりません。

 2.は適切。保険金額(死亡保険金)が一定期間ごとに減少していく定期保険を「逓減定期保険」といいます。保険料は全期間一定です。

 一方、保険金額(死亡保険金)が一定期間ごとに増加していく定期保険を「逓増定期保険」といいます。こちらも保険料は全期間一定です。

 3.は適切。長期平準定期保険とは、満期までの保険期間が長い定期保険のうち、一定の要件を満たすものをいいます。保険料および死亡保険金は一定です。

 なお、長期平準定期保険は解約返戻率が高い期間が長く続くため、経営者の退職金の原資にすることもできます。

 4.は適切。養老保険は、一定期間内に死亡した場合は「死亡保険金」を、一定期間内に高度障害に認定された場合は「高度障害保険金」を、満期まで生存していた場合は「満期保険金」を受け取ることができます。3つの保険金は全て同額です。