分野:リスク

四択問題

 損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 地震を原因として自宅が倒壊する場合に備えて、地震保険が付帯された火災保険を契約した。
  2. 国内旅行中の食事が原因で細菌性食中毒を発症する場合に備えて、国内旅行傷害保険を契約した。
  3. 飼い犬が他人にかみついてケガを負わせて法律上の賠償責任を負担する場合に備えて、個人賠償責任補償特約が付帯された家族傷害保険を契約した。
  4. 勤務している会社を定年退職して再就職後の収入が減少する場合に備えて、所得補償保険を契約した。



解答

4

解説

 1.は適切。なお、地震保険は単独で加入することはできないため、必ず火災保険とセットで加入する必要があります。

 2.は適切。国内旅行傷害保険は、旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象になりませんが、旅行中の食事を原因とする細菌性・ウイルス性食中毒は補償の対象になります。

 3.は適切。家族傷害保険に付帯された個人賠償責任補償特約は、日常生活において他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまった場合に生じる損害賠償責任に備えて入る保険です。

 人間だけでなくペットが起こした事故も補償の対象になること、また、1つの契約で家族全員(本人・配偶者・生計を一にする親族・生計を一にする別居の未婚の子など)が補償の対象になること、の2点が大きな特徴です。

 なお、故意による事故や業務中の事故、車両に関する事故、他人から借りた物を壊した場合などは補償の対象外になります。

  • 他人の物を壊した場合:個人賠償責任補償特約の補償対象になる。
  • 他人から借りた物を壊した場合:借用財物にあたるため、個人賠償責任補償特約の補償対象にならない。

 4.は不適切。所得補償保険は、ケガや病気により就業不能になった場合に被保険者が喪失する収入を補償する保険です。