分野:リスク

四択問題

 生命保険を利用した家庭のリスク管理のアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「自分が死亡した場合の家族の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、定期保険への加入を提案した。
  2. 「自分の老後の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、収入保障保険への加入を提案した。
  3. 「病気や傷害で入院した場合の医療費負担が不安なので生命保険に加入したい」という相談に対して、医療保険への加入を提案した。
  4. 「自分が死亡した場合の相続税の納税資金を確保するために生命保険に加入したい」という相談に対して、終身保険への加入を提案した。



解答

2

解説

 1.は適切。定期保険は、被保険者が一定の期間内に死亡した場合に、遺族に死亡保険金が支払われるタイプの生命保険です。よって、この提案は適切です。

 2.は不適切。収入保障保険は、被保険者に万が一のことがあった場合に、被保険者または遺族に保険金が支給されるタイプの生命保険です。保険金を自分の老後の生活資金に充てることはできないので、この提案は不適切です。

 本肢のようなニーズに対しては、養老保険や低解約返戻金型終身保険、個人年金保険など、老後にまとまったお金を受け取ることができる保険を検討・提案すべきです。

 3.は適切。医療保険は、将来のケガや病気に備えて入るタイプの保険です。よって、この提案は適切です。

 4.は適切。終身保険は、被保険者が死亡した場合に、遺族に死亡保険金が支払われるタイプの生命保険です。この死亡保険金を相続税の納税資金に充てることができるので、この提案は適切です。