分野:タックス

四択問題

 決算書の分析に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 総資本経常利益率は、売上高経常利益率と総資本回転率に分解することができる。
  2. 当座比率は、その企業の短期の負債に対する支払能力を評価するための指標であり、一般に、この数値は高い方が望ましいとされる。
  3. 自己資本比率(株主資本比率)は、総資産に対する自己資本(株主資本)の割合を示したものであり、一般に、この数値が低い方が財務の健全性が高いと判断される。
  4. 損益分岐点売上高は、「固定費÷限界利益率」の算式によって求めることができる。



解答

3

解説

 1.は適切。売上高経常利益率の分母は「売上高」、分子は「経常利益」になります。また、総資本回転率の分母は「総資本」、分子は「売上高」になります。

経常利益÷売上高=売上高経常利益率

売上高÷総資本=総資本回転率

 売上高経常利益率に総資本回転率を乗じると、分母の「売上高」と分子の「売上高」が相殺されるので、結果的に分母に「総資本」が、分子に「売上高」が残り、この数字が総資本経常利益率になります。

売上高経常利益率×総資本回転率=総資本経常利益率

 2.は適切。当座比率は、当座資産を流動負債で除して求めます。酸性試験比率と呼ばれることもあります。

 3.は不適切。総資本に対する自己資本の割合を自己資本比率といいます。

  • 総資本の内訳
    • 自己資本:資本金など(返済義務なし)
    • 他人資本:借入金など(返済義務あり)

 返済義務のない自己資本の占める割合が大きければ大きいほど自己資本比率は高くなるため、一般に、自己資本比率が高いほうが財務の健全性が高いと判断されます。

 4.は適切。なお、限界利益率は、売上高から変動費を差し引いて計算した限界利益(貢献利益)を売上高で除して求めます。

売上高-変動費=限界利益(貢献利益)

限界利益-固定費=営業利益