分野:不動産

四択問題

 不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 不動産取得税は、相続により不動産を取得した場合であっても課される。
  2. 不動産取得税は、贈与により不動産を取得した場合であっても課される。
  3. 登録免許税は、相続により不動産を取得した場合の所有権移転登記であっても課される。
  4. 登録免許税は、贈与により不動産を取得した場合の所有権移転登記であっても課される。



解答

1

解説

 1.は不適切。不動産取得税は、相続や法人の合併により不動産を取得した場合には課されません。

 2.は適切。不動産取得税は、有償贈与・無償贈与に関係なく贈与により不動産を取得した場合には課されます。

 3.と4.は適切。登録免許税は、不動産の登記をするときにかかる税金です。不動産を購入した場合だけでなく、相続贈与により取得した場合でも課税されます。