分野:リスク

四択問題

 総合福祉団体定期保険および団体定期保険(Bグループ保険)の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者は企業であるものとする。

  1. 総合福祉団体定期保険契約の締結に際しては、被保険者になることについての加入予定者の同意および保険約款に基づく告知が必要である。
  2. 総合福祉団体定期保険のヒューマン・ヴァリュー特約は、従業員の死亡等による企業の経済的損失に備えるものであり、その特約死亡保険金の受取人は、従業員の遺族ではなく企業となる。
  3. 団体定期保険(Bグループ保険)は、従業員等が任意で加入し、その従業員等が保険料も負担する。
  4. 団体定期保険(Bグループ保険)の死亡保険金の加入限度額は、企業の退職金規程等で定められた死亡退職金の金額の範囲内で設定しなければならない。



解答

4

解説

 1.は適切。総合福祉団体定期保険契約の契約にあたって、加入予定者の告知(現在の健康状態や過去の病歴などを保険会社に報告すること)と同意が必要になります。なお、診査(病院での健康チェック)は不要です。

 2.は適切。ヒューマン・ヴァリュー特約とは、従業員が死亡または高度障害になった場合に、企業が負担する諸費用(後任の育成費用など)を保障するための特約です。よって、特約死亡保険金の受取人は企業に限定されます。

 3.は適切。団体定期保険には、会社が保険料を負担するAグループ保険(総合福祉団体定期保険)と、従業員が保険料を負担するBグループ保険の2種類があります。

 4.は不適切。死亡保険金の金額は、従業員個人のライフステージにあわせて自由に増減することができます(※一定の上限あり)。企業の退職金規程等の影響を受けることはありません。