分野:相続

四択問題

 民法で規定する相続の承認および放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 相続の放棄をしようとする者が一人でもいる場合は、相続の開始があったことを知った時から原則として3ヵ月以内に、共同相続人全員が、家庭裁判所に対して、相続の放棄をする旨を申述しなければならない。
  2. 推定相続人が相続の開始前に相続の放棄をしようとする場合は、家庭裁判所に対してその旨を申述して許可を受ける必要がある。
  3. 限定承認をしようとする場合、相続の開始があったことを知った時から原則として3ヵ月以内に、その旨を家庭裁判所に相続人全員が共同して申述しなければならない。
  4. 相続人が相続の放棄をした場合、放棄をした者の子が、放棄をした者に代わって相続人となる。



解答

3

解説

 1.は不適切。相続の放棄をしようとする者は、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、放棄する旨を家庭裁判所に申し出る必要があります。

 なお、限定承認のように相続人全員で申し出る必要はなく、単独で放棄することができます。また、相続を放棄した場合は、代襲相続は認められません。

 2.は不適切。相続の放棄が認められているのは、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内です。よって、相続の開始前に相続の放棄をすることはできません。

 3.は適切。なお、相続人の中に相続を放棄した人がいる場合、相続を放棄した人を除いた全員で共同して申述すれば限定承認をすることができます。

 4.は不適切。相続人が相続の放棄をした場合、その相続に関しては初めから相続人ではなかったものとみなされるため、放棄をした者の子が代襲相続することはできません。