分野:ライフ

四択問題

 公的医療保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 健康保険の適用事業所に常時使用される75歳未満の者は、原則として、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)または組合管掌健康保険に加入することになる。
  2. 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の介護保険料率は、都道府県ごとに定められており、都道府県によって保険料率が異なる。
  3. 健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して6ヵ月以上の被保険者期間がなければならない。
  4. 個人事業主や農林漁業者などが被保険者となる国民健康保険は、国が保険者として運営している。



解答

1

解説

 1.は適切。健康保険の適用事業所に常時使用される75歳未満の者は、原則として、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)または健康保険組合管掌健康保険(組合健保)のいずれかに加入する必要があります。

 2.は不適切。40歳から64歳までの被保険者(介護保険第2号被保険者)は、標準報酬月額と標準賞与額に保険料率(都道府県ごとに設定された一般保険料率+全国一律の介護保険料率)を乗じて保険料を計算します。

 3.は不適切。健康保険の任意継続被保険者となるための要件は、「被保険者期間が継続して2か月以上」「退職後20日以内に申請」の2点です。任意継続被保険者になると、退職後2年間、健康保険に加入し続けることができます。

 4.は不適切。個人事業主や農林漁業者などが被保険者となる国民健康保険は、国ではなく都道府県および市区町村が保険者として運営しています。