2019年5月試験

FP2級 学科試験 2019年5月 問37(過去問解説)

四択問題

分野:タックス

法人税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 法人税額は、各事業年度の確定した決算に基づく当期純利益の額に税率を乗じて算出される。
  2. 期末資本金の額が1億円以下の一定の中小法人に対する法人税は、事業年度の所得の金額が年1,000万円以下の部分と年1,000万円超の部分で乗じる税率が異なる。
  3. 法人税の確定申告による納付は、原則として、各事業年度終了の日の翌日から2か月以内にしなければならない。
  4. 法人は、その本店もしくは主たる事務所の所在地または当該代表者の住所地のいずれかから法人税の納税地を任意に選択することができる。



解答

3

解説

1.は不適切。法人税の額は、当期純利益(会計上の利益)に必要な調整を加えて計算した課税所得(税法上の利益)に税率を乗じて算出します。

収益-費用=当期純利益

当期純利益+(益金算入+損金不算入)-(益金不算入+損金算入)=課税所得

課税所得×法人税率=法人税額

2.は不適切。中小法人に対する法人税の税率は、所得金額のうち年800万円以下の部分については軽減税率(15%)が適用されます。

  • 期末の資本金の額が1億円超(大法人):税率23.2%
  • 期末の資本金の額が1億円未満(中小法人)
  • 所得金額のうち年800万円以下の部分:税率15%
  • 所得金額のうち年800万円超の部分:税率23.2%

3.は適切。中間申告による申告・納付期限も、上半期終了の日の翌日から2か月以内となっています。

4.は不適切。法人税の納税地は、法人の本店または主たる事務所の所在地と定められています。任意に選択することはできません。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。