2019年9月試験

FP2級 学科試験 2019年9月 問26(過去問解説)

四択問題

分野:金融

下記<資料>に基づくファンドAとファンドBの運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句または数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

資料

<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると( )となり、同様に算出したファンドBのシャープレシオの値は( )となる。シャープレシオの値が( )ほど効率的な運用であったと判断される。

  1. (ア)2.50 ・(イ)1.75 ・(ウ)大きい
  2. (ア)2.50 ・(イ)1.75 ・(ウ)小さい
  3. (ア)3.00 ・(イ)2.00 ・(ウ)大きい
  4. (ア)3.00 ・(イ)2.00 ・(ウ)小さい



解答

1

解説

シャープレシオは投資の効率性を示す指標です。投資効率(パフォーマンス)に比例して数値が増減します。計算式は以下のとおりです。

シャープレシオ=(ポートフォリオの収益率-無リスク金利)÷ポートフォリオの標準偏差

問題資料の縦軸の「リターン(収益率)」が、上記の計算式の「ポートフォリオの収益率」にあたります。また、問題資料の横軸の「リスク(標準偏差)」が、上記の計算式の「ポートフォリオの標準偏差」にあたります。

ファンドAのシャープレシオ=(6%-1%)÷2%=2.5

ファンドBのシャープレシオ=(8%-1%)÷4%=1.75

よって、<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると2.5になり、同様に算出したファンドBのシャープレシオの値は1.75になります。

また、シャープレシオの値が大きいほど効率的な運用であったと判断されるため、本肢のケースではファンドAに軍配が上がります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。