分野:ライフ

四択問題

 教育ローンおよび奨学金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本学生支援機構の奨学金(貸与型)には、無利息の第一種奨学金と、利息付き(在学中は無利息)の第二種奨学金がある。
  2. 日本学生支援機構の奨学金制度には保証制度があり、貸与型の場合は、所定の海外留学資金として利用する場合を除き、連帯保証人と保証人を選任する人的保証と日本国際教育支援協会の機関保証の両方の保証が必要となる。
  3. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の融資限度額は、所定の海外留学資金として利用する場合を除き、入学・在学する学生・生徒1人につき350万円である。
  4. 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)を利用するためには、世帯年収(所得)が、申込人の世帯で扶養している子の数に応じて定められている金額以内であることが要件とされている。



解答

2

解説

 1.は適切。日本学生支援機構の奨学金には、返済義務のない「給付型」と返済義務のある「貸与型」の2種類があり、貸与型はさらに無利息の「第一種奨学金」と、利息付きの「第二種奨学金」の2種類があります。

  • 給付型(返済義務なし)
  • 貸与型(返済義務あり)
    • 第一種奨学金(利息なし)
    • 第二種奨学金(利息あり)

 所定の基準を満たせば、給付型奨学金だけでなく貸与型奨学金の第一種奨学金および第二種奨学金に申し込むことも可能です。

 2.は不適切。貸与型の場合は、連帯保証人と保証人を選任する「人的保証」と日本国際教育支援協会の「機関保証」のどちらかを自由に選択することができます。

 3.は適切。なお、海外留学資金の融資限度額は、学生・生徒1人につき450万円です。

 4.は適切。世帯主だけでなく配偶者等の収入(所得)も含めた世帯年収が基準になります。