2021年1月試験

FP2級 学科試験 2021年1月 問2(過去問解説)

四択問題

分野:ライフ

会社員Aさんの2020年分の収入等の金額は、下記<資料>のとおりである。下記<資料>から算出されるAさんの可処分所得の金額として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

資料
  1. 434万円
  2. 464万円
  3. 520万円
  4. 550万円



解答

4

解説

可処分所得は、簡単に言うと「自由に使えるお金」です。年収から各種税金・社会保険料を差し引いて金額を求めましょう。

なお、可処分所得の計算と所得税の計算は別物なので、可処分所得の計算にあたっては所得控除を考慮する必要はありません。うっかり差し引かないように気をつけてください。

可処分所得=年収-(所得税+住民税+社会保険料)

本問のケースは、年収が700万円、所得税・住民税が60万円、社会保険料が90万円なので、可処分所得は550万円になります。

可処分所得=700万円-(60万円+90万円)=550万円

田口先生1
田口先生
本問は、2017年1月試験の第2問とほとんど同じ問題です!

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。