2021年1月試験

FP2級 学科試験 2021年1月 問5(過去問解説)

四択問題

分野:ライフ

公的年金制度に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

  • 厚生年金保険の被保険者期間を有する者は、国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の合計が( )以上あれば 、原則として65歳から老齢基礎年金および
    老齢厚生年金を受給することができる。
  • 老齢厚生年金を受給している夫が死亡した場合、夫によって生計を維持されていた妻は、夫の国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の合計が( )以上あ
    れば、原則として遺族厚生年金を受給することができる。
  • 厚生年金保険の適用事業所に常時使用される者のうち、( )以上の者は、原則として厚生年金保険の被保険者とはならない。
  1. (ア)25年 ・ (イ)25年 ・ (ウ)65歳
  2. (ア)25年 ・ (イ)10年 ・ (ウ)70歳
  3. (ア)10年 ・ (イ)10年 ・ (ウ)65歳
  4. (ア)10年 ・ (イ)25年 ・ (ウ)70歳



解答

4

解説

厚生年金保険の被保険者期間を有する者は、国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の合計が10年以上あれば 、原則として65歳から老齢基礎年金および
老齢厚生年金を受給することができます。

2017年8月1日から受給資格期間の要件が25年から10年に引き下げられました。

老齢厚生年金を受給している夫が死亡した場合、夫によって生計を維持されていた妻は、夫の国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の合計が25年以上あ
れば、原則として遺族厚生年金を受給することができます。

上述のとおり、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給資格期間(10年)と、遺族厚生年金の受給資格期間(25年)は異なります。両者を混同しないように気をつけてください。

厚生年金保険の適用事業所に常時使用される者のうち、70歳以上の者は、原則として厚生年金保険の被保険者になりません。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。