分野:ライフ

四択問題

 公的医療保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 健康保険の被保険者の3親等内の親族(直系尊属、配偶者、子、孫および兄弟姉妹を除く)が被扶養者になるためには、被保険者と同一世帯に属していることが必要である。
  2. 国民健康保険の加入者は、全員が被保険者であり、被扶養者という区分はない。
  3. 退職により健康保険の被保険者資格を喪失した者が、健康保険の任意継続被保険者となるためには、資格喪失日の前日までの被保険者期間が継続して1年以上なければならない。
  4. 健康保険や国民健康保険の被保険者が75歳になると、原則として、その被保険者資格を喪失して後期高齢者医療制度の被保険者となる。

解答

3

解説

 1.は適切。健康保険の被保険者の3親等内の親族が被扶養者になるためには、被保険者と同一世帯に属していること(=同居して家計を共にしている状態)が必要です。

 なお、直系尊属・配偶者・子・孫および兄弟姉妹については、主として被保険者に生計を維持されていれば必ずしも同居している必要はありません。

 2.は適切。国民健康保険には「扶養」という概念がないため、対象となる全員が被保険者となり、各自で保険料を納付する必要があります。

 3.は不適切。健康保険の任意継続被保険者となるための要件は、「被保険者期間が継続して2か月以上」「退職後20日以内に申請」の2点です。任意継続被保険者になると、退職後2年間、健康保険に加入し続けることができます。

 4.は適切。健康保険や国民健康保険の被保険者は、75歳に達したときにその被保険者資格を喪失し、後期高齢者医療制度の被保険者になります。