2021年5月試験

FP2級 学科試験 2021年5月 問21(過去問解説)

四択問題

分野:金融

景気動向指数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。
  2. 景気動向指数に採用されている指標は、先行指数が11系列、一致指数が10系列、遅行指数が9系列の合計30系列となっている。
  3. コンポジット・インデックス(CI)は、採用系列の各月の値を3か月前と比べた変化の方向を合成して作成した指数であり、景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いの測定を主な目的としている。
  4. 景気転換点の判定には、一致指数を構成する個別指標ごとに統計的手法を用いて山と谷を設定し、谷から山に向かう局面にある指標の割合を算出したヒストリカル・ディフュージョン・インデックス(DI)が用いられている。



解答

3

解説

1.は適切。景気動向指数は、内閣府が毎月発表している景気指標です。

景気変動の大きさやテンポを把握するための指標である「コンポジット・インデックス(CI)」と、景気変動の経済部門への浸透度・波及度を把握するための指標である「ディフュージョン・インデックス(DI)」の2種類があります。

2.は適切。景気動向に採用されている指数は「先行系列(景気に対して先行して動くもの)」「一致系列(景気に対してほぼ一致して動くもの)」「遅行系列(景気に対して遅れて動くもの)」の3つに分類することができます。

3.は不適切。景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いの測定を主な目的としているのは、コンポジット・インデックス(CI)ではなくディフュージョン・インデックス(DI)です。

コンポジット・インデックス(CI)は、景気変動の大きさやテンポ(量感)を測定することを目的としています。

4.は適切。試験対策としては「景気転換点の判定にはヒストリカルDIを用いる」と押さえておけばOKです。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。