分野:金融

四択問題

 株式投資信託の運用手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. マクロ的な環境要因等を基に国別組入比率や業種別組入比率などを決定し、その比率に応じて、個別銘柄を組み入れてポートフォリオを構築する手法を、トップダウン・アプローチという。
  2. ベンチマークを上回る運用実績を上げることを目指す運用スタイルを、アクティブ運用という。
  3. 株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法を、グロース投資という。
  4. 「ブル型」「ベア型」と呼ばれる特殊型の投資信託のうち、「ベア型」は、ベンチマークが下落すると基準価額が上昇するよう設計されている。

解答

3

解説

 1.は適切。なお、各銘柄の投資指標の分析や企業業績などのリサーチによって銘柄を選定し、その積上げによってポートフォリオを構築する手法は「ボトムアップ・アプローチ」と呼ばれます。セットで押さえておきましょう。

 2.は適切。なお、ベンチマークの動きに連動する運用成果を目指す手法は「パッシブ運用」と呼ばれます。セットで押さえておきましょう。

 3.は不適切。運用スタイルにより「グロース投資(成長株投資)」と「バリュー投資(割安株投資)」に分類することができます。

 株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法は、グロース投資ではなくバリュー投資といいます。

  • グロース投資:企業の成長性や収益性に特に着目して、組み入れる銘柄を選定する手法
  • バリュー投資:同業他社と比べて割安に放置されている銘柄を中心に選定する手法

 4.は適切。ベンチマークが下落すると基準価額が上昇するように設計された商品をベア型ファンドといいます。ベア型の「ベア」は熊(bear)のことなので、「振り下ろす爪」をイメージすると覚えやすいです。

一方、ベンチマークが上昇すると基準価額も上昇するように設計された商品をブル型ファンドといいます。ブル型の「ブル」は牛(bull)のことなので、「上向きに生えている角」をイメージすると覚えやすいです。