2022年1月試験

FP2級 学科試験 2022年1月 問16(過去問解説)

四択問題

分野:リスク

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

  1. 被保険自動車を運転中に対人事故を起こした被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合、その損害のうち、自動車損害賠償責任保険等によって補償される部分を除いた損害が対人賠償保険の補償の対象となる。
  2. 被保険自動車を運転中に交通事故で被保険者が死亡した場合、その損害のうち、被保険者自身の過失割合に相当する部分を差し引いた損害が人身傷害(補償)保険の補償の対象となる。
  3. 被保険自動車を運転中に誤って店舗建物に衝突して損壊させ、当該建物自体の損害に加え、建物の修理期間中に休業して発生した損害(休業損害)により、被保険者が法律上の賠償責任を負った場合、それらの損害は、対物賠償保険の補償の対象となる。
  4. 被保険自動車が高潮で水没した場合、その損害は、一般車両保険の補償の対象となる。



解答

2

解説

1.は適切。対人賠償保険は、自動車事故で他人を死傷させたことにより、法律上の損害賠償責任を負う場合に備えて加入する保険です。万が一のさいに、自賠責保険でカバーできない超過分が保険会社から支払われます。

なお、上記の「他人」には配偶者や子などの家族は含まれません(※対物賠償保険も同様)。社会通念上、家族間で損害賠償を求めることはないと考えられるからです。

2.は不適切。人身傷害補償保険は、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により死傷した場合に被保険者の過失割合にかかわらず実際の損失額が支払われる保険です。

よって、被った損害額から自分の過失相当分が差し引かれることはありません。

3.は適切。対物賠償保険は、自動車事故で他人のモノ(他人の自動車や壁、電柱など)に損害を与えたことにより、法律上の損害賠償責任を負う場合に備えて加入する保険です。

建物自体の損害に加え、建物の修理期間中に休業して発生した損害(休業損害)により、被保険者が法律上の賠償責任を負った場合、それらの損害も対物賠償保険の補償の対象になります。

4.は適切。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は補償の対象になりませんが、火災・台風・洪水・高潮などによる損害は補償の対象になります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。