2016年5月試験

FP3級 学科試験 2016年5月 問43(過去問解説)

三択問題

分野:金融

ある企業の株価が1,200円、1株あたり純利益が100円、1株あたり純資産が1,000円である場合、株価純資産倍率(PBR)は【 ① 】倍、株価収益率(PER)は【 ② 】倍である。

  1. ①0.8 ・ ②8.3
  2. ①1.2 ・ ②10
  3. ①1.2 ・ ②12



解答

3

解説

PBR(株価純資産倍率)は株価が1株あたり純資産の何倍であるかを示す投資指標、PER(株価収益率)は株価が1株あたり当期純利益の何倍であるかを示す投資指標です。

以下の公式に当てはめて計算しましょう。

  • PER(株価収益率)=株価÷1株あたり純利益
  • PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり純資産
  • ROE(自己資本利益率)=当期純利益÷自己資本×100
  • 配当利回り=1株あたり配当金÷株価×100
  • 配当性向=配当金総額÷当期純利益×100

PBR(株価純資産倍率)=1,200円÷1,000円=1.2倍

PER(株価収益率)=1,200円÷100円=12倍

株式投資に用いる指標の計算問題は、FP3級の頻出論点のひとつです。

PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・配当利回り・配当性向の5つの計算式は必ず押さえておきましょう。

田口先生1
田口先生
本問は、2018年5月試験の第44問2021年1月試験の第45問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。