分野:タックス

正誤問題

 勤続年数が20年を超える者が退職手当等を受け取る場合、所得税において、退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、40万円にその勤続年数を乗じた金額となる。




解答

×(不適切)

解説

 退職所得の金額の計算上、収入金額からその勤続年数に応じて計算される退職所得控除額が控除されます。

 勤続年数が20年を超える場合、20年を超える年数に関しては、40万円ではなく70万円を乗じるのがポイントです。

  • 勤続年数が20年以下の場合:40万円×勤続年数
  • 勤続年数が20年超の場合:40万円×20年+70万円×(勤続年数-20年)