2016年5月試験

FP3級 学科試験 2016年5月 問27(過去問解説)

正誤問題

分野:相続

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。




解答

×(不適切)

解説

遺留分権利者が配偶者と子の場合、被相続人の財産の価額に2分の1を掛けた金額が各人の遺留分になります。

  • 財産価額:1億8,000万円
  • 配偶者の法定相続分=1億8,000万円×(2分の1)=9,000万円
  • 子の法定相続分=1億8,000万円×(2分の1)=9,000万円
  • 各人の遺留分=(2分の1)×法定相続分
  • 配偶者の遺留分=(2分の1)×9,000万円=4,500万円
  • 子の遺留分=(2分の1)×9,000万円=4,500万円

よって、子の遺留分の金額は6,000万円ではなく4,500万円になります。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。