分野:タックス

三択問題

 所得税の退職所得の金額(特定役員退職手当等に係るものを除く)は、【?】の算式により計算される。

  1. その年中の退職手当等の収入金額-退職所得控除額
  2. その年中の退職手当等の収入金額-退職所得控除額-50万円
  3. (その年中の退職手当等の収入金額-退職所得控除額)×1/2



解答

3

解説

 退職所得は、収入金額から退職所得控除額を差し引いた残額に2分の1を掛けて計算します。

 なお、選択肢2のように50万円を特別控除するのは、山林所得・譲渡所得・一時所得です。混同しないように気をつけましょう。