2016年9月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2016年9月 問41(投資信託)

三択問題

分野:金融

追加型株式投資信託を基準価額1万200円で1口購入した後、最初の決算時に400円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万100円となった場合、その収益分配金のうち、【 ① 】が普通分配金として課税対象となり、【 ② 】が非課税扱いの元本払戻金(特別分配金)となる。なお、手数料等については考慮しないものとする。

  1. ①100円 ・ ②300円
  2. ①200円 ・ ②200円
  3. ①300円 ・ ②100円



解答

3

解説

収益分配金は、収益として課税される「普通分配金(値上がり益)」と、元本の払い戻しとして非課税となる「元本払戻金(特別分配金)」の2つに分けることができます。

  • 普通分配金(値上がり益):利益の分配→課税対象
  • 元本払戻金(特別分配金):元本の払い戻し→非課税

本問の場合、問題文の「最初の決算時に400円の収益分配金が支払われ」と「分配落ち後の基準価額が1万100円となった」から、分配落ち前の基準価額が10,500円(=10,100円+400円)であることが分かります。

よって、「分配落ち前の基準価額」と「購入額」との差額300円を普通分配金として処理し、「購入額」と「分配落ち後の基準価額」との差額100円を元本払戻金(特別分配金)として処理します。

10,500円-10,200円=300円(普通分配金)

10,200円-10,100円=100円(元本払戻金)

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。