分野:相続

正誤問題

 成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つがある。




解答

◯(適切)

解説

 成年後見制度には、民法で定められている「法定後見制度」と、本人が事前に後見人を選任する「任意後見制度」の2種類があります。

 前者の「法定後見制度」は、対象となる人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3つに分類されます。

  • 成年被後見人:ほとんど何も判断できない人(判断能力・全くない)
  • 被保佐人:簡単なことなら判断できる人(判断能力・著しく不十分)
  • 被補助人:だいたいのことは判断できる人(判断能力・不十分)