分野:相続・事業継承

正誤問題

 民法上、被相続人の嫡出子と嫡出でない子の法定相続分は同じである。




解答

○(適切)

解説

 子には、法律上の婚姻関係にある男女から生まれた「嫡出子」と、法律上の婚姻関係にない男女から生まれた「非嫡出子」の2種類があります。

 2013年8月までは両者の法定相続分に差がありましたが(※非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1)、民法の改正により、現在は同等の法定相続分になっています。