2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問52(過去問解説)

三択問題

分野:不動産

都市計画法の規定によれば、市街化調整区域は、【?】とされている。

  1. 既に市街地を形成している区域
  2. 市街化を抑制すべき区域
  3. 優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域



解答

2

解説

都市計画区域は、まず「線引区域」と「非線引区域」に分類することができ、線引区域はさらに「市街化区域」と「市街化調整区域」の2つに分類することができます。

  • 線引区域
  • 市街化区域
  • 市街化調整区域
  • 非線引区域

すでに市街地を形成している区域またはこれから概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域を「市街化区域」といいます。1,000㎡以上の開発を行う場合は、都道府県知事の許可が必要です。

一方、市街化を抑制すべき区域を「市街化調整区域」といいます。開発を行う場合は、規模にかかわらず都道府県知事の許可が必要です。

田口先生1
田口先生
本問は、2016年5月試験の第53問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。