分野:相続

三択問題

 遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長男、長女および二女の合計4人である場合、二女の遺留分の金額は、【?】となる。

  1. 1,000万円
  2. 2,000万円
  3. 3,000万円



解答

1

解説

 相続人が受け取ることができる最低限の遺産を遺留分といい、遺留分を受け取る権利を有する人を遺留分権利者といいます。

 本問のように遺留分権利者が配偶者と子の場合、被相続人の財産の価額に2分の1を掛けた金額が各人の遺留分になります。

  • 遺留分の割合
    • 遺留分権利者が直系尊属のみの場合:被相続人の財産×3分の1
    • 遺留分権利者がそれ以外(ex.配偶者と子)の場合:被相続人の財産×2分の1
  • 財産価額:1億2,000万円
    • 配偶者の法定相続分=1億2,000万円×(2分の1)=6,000万円
    • 長男の法定相続分=1億2,000万円×(2分の1)×(3分の1)=2,000万円
    • 長女の法定相続分=1億2,000万円×(2分の1)×(3分の1)=2,000万円
    • 二女の法定相続分=1億2,000万円×(2分の1)×(3分の1)=2,000万円
  • 各人の遺留分=法定相続分×(2分の1)
    • 配偶者の遺留分=6,000万円×(2分の1)=3,000万円
    • 長男の遺留分=2,000万円×(2分の1)=1,000万円
    • 長女の遺留分=2,000万円×(2分の1)=1,000万円
    • 二女の遺留分=2,000万円×(2分の1)=1,000万円
管理人

本問は、2017年1月試験の第57問2018年9月試験の第58問とほとんど同じ問題です!