2019年9月試験

FP3級 学科試験 2019年9月 問42(過去問解説)

三択問題

分野:金融

表面利率(クーポンレート)1.2%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円あたり101円で購入し、2年後に額面100円あたり100円で売却した場合の所有期間利回り(単利)は、【?】である。なお、税金や手数料等は考慮しないものとし、答は%表示の小数点以下第3位を四捨五入している。

  1. 0.69%
  2. 0.73%
  3. 0.87%



解答

1

解説

債券の利回りに関する計算問題は、FP3級の頻出論点のひとつです。

本問で問われている所有期間利回りだけでなく、直接利回り・最終利回り・応募者利回りの4つの計算式は必ず押さえておきましょう。

所有期間利回り(%)={表面利率+(売却単価-購入単価)/所有期間}/購入単価×100

所有期間利回り(%)={1.2+(100-101)/2}/101×100=0.6930…

  • 直接利回り=表面利率/購入単価×100
  • 最終利回り={表面利率+(額面単価-購入単価)/残存年数}/購入単価×100
  • 応募者利回り={表面利率+(額面単価-購入単価)/償還期限}/購入単価×100
  • 所有期間利回り={表面利率+(売却単価-購入単価)/所有期間}/購入単価×100
田口先生1
田口先生
本問は、2019年1月試験の第41問2021年1月試験の第44問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。