2019年9月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2019年9月 問53(接道義務)

三択問題

分野:不動産

建築基準法の規定では、都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地は、原則として、幅員【 ① 】以上の道路に【 ② 】以上接しなければならない。

  1. ①2m ・ ②1.5m
  2. ①4m ・ ②2m
  3. ①4m ・ ②1.5m



解答

2

解説

建築基準法では、都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地は、原則として、幅員4m以上の道路(建築基準法上の道路)に2m以上接しなければならない、という接道義務が定められています。

建築基準法上の道路
  • 幅員4m以上の道路
  • 幅員4m未満の道路で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路
田口先生1
田口先生
本問は、2021年9月試験の第53問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。