2020年1月試験

FP3級 学科試験 2020年1月 問12(過去問解説)

正誤問題

分野:金融

一般に、日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、米ドルを円に換える動きが強まり、円安ドル高が進行する要因となる。




解答

×(不適切)

解説

一般に、日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、人々はより有利な金利を求めてドル建て資産の比率を減らして、円建て資産の比率を増やす行動を取ります。

その結果、米ドルを円に換える動きが強まる(=円の需要が高まる)ため、米国金利の低下は円高ドル安が進行する要因になります。

田口先生1
田口先生
本問は、問題文の「円安ドル高」という部分が不適切です。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。