分野:金融

正誤問題

 一般に、日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、米ドルを円に換える動きが強まり、円安ドル高が進行する要因となる。

解答

×(不適切)

解説

 一般に、日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、人々はより有利な金利を求めてドル建て資産の比率を減らして、円建て資産の比率を増やす行動を取ります。

 その結果、米ドルを円に換える動きが強まる(=円の需要が高まる)ため、米国金利の低下は円高ドル安が進行する要因になります。

管理人

本問は、問題文の「円安ドル高」という部分が不適切です。