2020年1月試験

FP3級 学科試験 2020年1月 問16(過去問解説)

正誤問題

分野:タックス

所得税においては、原則として、超過累進税率が採用されており、課税所得金額が多くなるに従って税率が高くなる。




解答

○(適切)

解説

所得税の計算にあたっては、課税される所得金額を7つに区分したうえで、それぞれの区分ごとに決められた税率(5%~45%)を適用する超過累進税率が適用されています。

なお、税率は課税所得金額が多くなるにつれて高くなります。

  • 所得税の速算表(2019年分)
  • 195万円以下:税率5%
  • 195万円超、330万円以下:税率10%
  • 330万円超、695万円以下:税率20%
  • 695万円超、900万円以下:税率23%
  • 900万円超、1,800万円以下:税率33%
  • 1,800万円超、4,000万円以下:税率40%
  • 4,000万円以下:税率45%

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。