2020年1月試験

FP3級 学科試験 2020年1月 問45(過去問解説)

三択問題

分野:金融

2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1である場合、両資産が【?】値動きをするため、理論上、リスクの低減効果は最大となる。

  1. 逆の
  2. 関係のない
  3. 同じ



解答

1

解説

2資産間の相関係数は、2つの資産の値動きの連動性を示す指標で、「+1~-1」の数値で表されます。

2資産間の相関係数が+1の場合、2つの資産の値動きが全く同じになるため、分散投資(リスク低減)の効果はありません。

逆に、2資産間の相関係数が-1の場合、2つの資産の値動きが正反対(逆)になるため、ポートフォリオを組成することによる分散投資(リスク低減)の効果は最大になります。

  • 相関係数+1:2つの資産の値動きが全く同じ(=分散投資の効果はゼロ)
  • 相関係数0:2つの資産の値動きに規則性なし
  • 相関係数-1:2つの資産の値動きが正反対(=分散投資の効果は最大)

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。