分野:相続

三択問題

 個人が死因贈与によって取得した財産は、課税の対象とならない財産を除き、【?】の課税対象となる。

  1. 贈与税
  2. 相続税
  3. 所得税

解答

2

解説

 死因贈与契約は、贈与者(あげるほう)と受贈者(もらうほう)との間で「贈与者が死んだら●●という資産を受贈者にあげるね」と約束することです。贈与者の死亡によってその効力が生じます。

 死因贈与により受贈者が取得した財産は、遺贈により取得した財産として相続税の課税対象になります。うっかり贈与税を選ばないように気をつけましょう。

管理人

本問は、2018年9月試験の第56問2020年1月試験の第56問とほとんど同じ問題です!