2021年1月試験

FP3級 学科試験 2021年1月 問13(過去問解説)

正誤問題

分野:金融

債券の発行体である企業の信用度が低下し、格付が引き下げられた場合、一般に、その債券の価格は下落し、利回りも低下する。




解答

×(不適切)

解説

問題文の「債券の価格は下落し」の部分は正しいです。

債券の発行体である企業の信用度が低下し、格付が引き下げられた場合、信用リスク(貸したお金が返ってこない可能性)が高まるため、他の条件が同一であれば格付が引き下げられる前よりも債券価格は下落します。

一方、問題文の「利回りも低下する」の部分は間違っています。

債券価格は債券利回りの計算式の分母になるため、債券価格が下落すれば下落するほど、債券利回りは高くなります。

信用格付↓ → 信用リスク↑ → 債券価格↓ → 債券利回り↑

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。