2021年5月試験

FP3級 学科試験 2021年5月 問48(過去問解説)

三択問題

分野:タックス

所得税において、医療費控除(特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例を除く)の控除額は、その年中に支払った医療費の金額(保険金等により補填される部分の金額を除く)の合計額から、その年分の総所得金額等の合計額の【 ① 】相当額または【 ② 】のいずれか低いほうの金額を控除して算出される。

  1. ①5% ・ ②88,000円
  2. ①5% ・ ②100,000円
  3. ①10% ・ ②100,000円



解答

2

解説

医療費控除の控除額は、以下の算定式で求めます。上限額は200万円です。

  • 総所得金額等が200万円以上
  • 控除額=支出した医療費の金額-保険金等の受取額-10万円
  • 総所得金額等が200万円未満
  • 控除額=支出した医療費の金額-保険金等の受取額-(総所得金額等×5%

よって、所得税において、医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額(保険金等により補填される部分の金額を除く)の合計額から、その年分の総所得金額等の合計額の5%相当額または100,000円いずれか低いほうの金額を控除して算出されます。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。